埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

不動産基礎知識 - 株式会社ネクスト・リアルプラン

  • HOME
  • 不動産基礎知識 - 株式会社ネクスト・リアルプラン
駅近の狭い物件と駅遠の広い物件のどちらを選ぶか
新しい住居を選ぶ際、多くの人々が直面するジレンマの一つが、駅近の狭い物件と駅遠の広い物件のどちらを選ぶかという問いです。交通の便や生活利便性を重視するならば駅近の物件が魅力的に映りますが、広い空間や静けさを求めるならば駅遠の物件も魅力的に映るかもしれません。この二者択一の選択肢の中で、どちらがよりよい選択なのでしょうか。今回は、駅近の狭い物件と駅遠の広い物件のどちらを選ぶかについてご紹介します。[…]

MORE

実はタワーマンションは低層階がお得
タワーマンションは、高層階に住むことが一般的に好まれるイメージがあります。眺望やプライバシーなど、高層階ならではの魅力が多い一方で、実は低層階に住むことにはさまざまなお得なポイントが存在します。低層階のメリットを見逃すことなく、賢く住まいを選ぶために、その魅力を探ってみましょう。[…]

MORE

競売物件はお得なのか?リスクに見合うのかプロの視点で教えます
競売物件、一見魅力的な投資機会のように思えますが、その裏には潜む様々なリスクが存在します。不動産投資を検討する際、競売物件はその価格の安さから注目されることがありますが、その利点と引き換えに、専門的な知識やリスクへの理解が不可欠です。今回は、競売物件はお得なのか?についてリスクに見合うのかプロの視点でご紹介します。[…]

MORE

定期借地権とは?所有権との違い・誰にお勧めか
不動産を取り扱う際に、所有権だけでなく、定期借地権という選択肢もあります。所有権は土地や建物を直接所有する権利を指し、一般的な不動産取引の形態です。一方、定期借地権は、土地を借りる権利を持つ契約形態であり、所有権とは異なる特性を持ちます。今回は、定期借地権とは?所有権との違い・誰にお勧めかについてご紹介します。[…]

MORE

住宅購入時の贈与税はどれだけかかるのか
住宅を購入する際に贈与を受ける場合、贈与税の問題は重要です。贈与税は、贈与された財産の価値に応じて課税されますが、具体的な金額は様々な要因によって異なります。今回は、住宅購入時の贈与税について詳しく解説し、計算方法や特例についても掘り下げていきます。[…]

MORE

不動産を購入するなら大手不動産業者と地元不動産業者のどちらがいいか
不動産を購入する際には、大手不動産業者と地元不動産業者のどちらを選ぶべきか、悩む方も多いのではないでしょうか。大手不動産業者は広告やブランド力で知名度が高く、信頼できると思われがちですが、一方で地元不動産業者は地域に密着し、豊富な地元情報や柔軟な対応が魅力です。どちらを選ぶべきか迷っている方に、それぞれの特徴やメリット、デメリットをご紹介します。[…]

MORE

共用施設が豪華なマンションを買っても損をしないか
近年、都市部を中心に、大規模なマンションが急速に増加しています。この傾向の一部には、共用設備が豪華なマンションが注目を集め、需要が高まっていることが背景にあります。共用施設が豪華なマンションは、住民や所有者にとって利便性や快適さを提供し、都市生活の魅力をより高めることが期待されています。そのため、共用施設が豪華なマンションを購入することで、都市生活をより豊かに楽しむことができると期待されます。しかし、購入者はこれらの施設が提供する価値や利便性を十分に評価し、将来的な生活スタイルやニーズに合致しているかどうかを慎重に検討する必要があります。それにより、共用施設が豪華なマンションを購入しても、損をしないかどうかを適切に判断することができるでしょう。[…]

MORE

賃貸と持ち家のどちらが得か
「賃貸と持ち家、どちらが得か」という問いは、多くの人々が住居を選ぶ際に直面する重要な問題です。賃貸では家賃を支払い、所有者によって管理された物件に住む一方、持ち家では自己所有の住宅を維持管理しながら暮らします。両者にはそれぞれメリットやデメリットがありますが、どちらがお得なのでしょうか。今回は、賃貸と持ち家の経済性を比較し、それぞれの利点やリスクを分析して、どちらがより得かを検討します。[…]

MORE

住居地域・住居専用地域のどちらを選ぶべきか
住まいの選択は、私たちの生活を大きく左右します。都市に身を置き、様々な文化や便利な施設を楽しみたいのか、それとも静かな自然に囲まれ、穏やかな日常を求めるのか。住居地域と住居専用地域は、異なる魅力を秘め、選択することで生活の質が変わります。今回は、両者の特徴を徹底的に掘り下げ、自身の理想的な住まいを見つける手助けとなるような情報を提供します。[…]

MORE

耐震・制震・免震の違いとは
地震は私たちの生活に大きな影響を与える自然災害の一つです。このような地震の影響を最小限に抑え、私たちの生活環境を守るためには、建物の地震対策が欠かせません。最新の建築技術や知見を取り入れた新耐震基準に基づく建物は、地震発生時においても安全性を確保することが期待されています。そのため、建物の地震対策は極めて重要であり、近年では新耐震基準に基づいて設計された建物が当たり前になりつつあります。建物の地震対策には、耐震・制震・免震という3つの重要な要素が組み合わさり、これらが一体となって安全性を高める役割を果たしています。それぞれの役割を理解することで、地震に対する守りを築くことができます。今回は、耐震・制震・免震の違いについてご紹介します。[…]

MORE

ペットと楽しく暮らすためのマンション選びのコツ
ペット可というマンションは多いですが、条件やペットの住心地は物件によって大きく異なります。ペットによるトラブルは長期的な問題になります。大好きなペットにかかわる問題はない方がよいですよね。ですので、この記事をよく読んでください。
また、大前提として、ペットを内緒で飼うのは絶対にだめです。ポイントを押さえることで問題を解決しましょう。
今回は、ペットと楽しく暮らすためのマンション選びのコツについてご紹介します。
[…]

MORE

リフォーム済みとそうでない物件 どちらがお買い得か
結論から申し上げますと、リフォーム済みの物件は、お買い得とはいえません。
ではなぜそのように言うことができるのでしょうか。今回は、その理由をメリット、デメリット含めて説明します。また、それでもリフォーム済み物件の購入を考えている方へのアドバイスもご紹介します。[…]

MORE

幸せな将来のために資産価値をキープできる土地の選び方とは
資産価値をキープできる土地とはどのような土地でしょうか。資産価値を重視するなら土地は吟味して購入する必要があります。これから人口は減少傾向にあります。そのため、ほとんどの土地の資産価値は減るということです。つまり、資産価値は需要と供給に大きく依存します。人口減少が進行する地域では需要が低下し、不動産市場に余剰供給が発生しやすくなります。この結果、土地の資産価値は減少する可能性が高まるのです。
実際に、国土交通省の調査では、二つの予測が出ています。一つ目は、2045年には、4分の1以上の市町村で、総人口が5000人未満になるということです。二つ目は、2045年には、約4分の3の市区町村で、2015年に比べて総人口が2割以上減少するということです。
このことからも土地選びが重要だとわかるのではないでしょうか。
そこで、今回は、幸せな将来のために資産価値をキープできる土地の選び方をご紹介します。[…]

MORE

住宅購入で利用できる補助金・助成金の活用方法と調べ方
住宅を購入する際に補助金や助成金を活用することは、経済的な負担を軽減し、費用を浮かせることができます。また、持続可能な住宅の購入やエネルギー効率向上に貢献することができます。今回は、住宅購入で利用できる補助金・助成金の活用方法と調べ方についてご紹介します。是非、補助金・助成金を活用したいですね。[…]

MORE

シングルライフを楽しむための一戸建てに求められる条件とは
シングルライフをしている方は、将来の住居についてどのように考えているでしょうか。
多様性が許容されてはじめてきたこの時代で個々の選択は広がっています。
そんな中で、シングルライフを満喫するために一戸建てに住むという選択は検討しているでしょうか。でも、実際のところがわからないという方も多いでしょう。
今回は、シングルライフを楽しむための一戸建てに求められる条件をメリット、デメリットも含めてご紹介します。[…]

MORE

固定金利vs変動金利:住宅ローン返済で最適な選択は?
住宅ローンの返済の際に固定金利と変動金利どちらの選択がよいのか迷う方は非常に多いのではないでしょうか。
これらの選択は将来の返済プランや経済的な安定性に大きな影響を与える重要な決定になります。
そこで、今回は、固定金利vs変動金利:住宅ローン返済で最適な選択についてご紹介します。[…]

MORE

マイホームを買うならエリア選びが最も大切!その理由と選び方
マイホームを購入する際、エリア選びは最も重要な要素です。エリアの選択は、将来の生活の質や満足度に大きな影響を与えるため、慎重な判断が必要です。自分自身や家族のニーズや将来の展望を考慮し、理想的なエリアを見つけたい方は多いです。そこで、今回は、マイホーム購入において成功するための第一歩として、エリア選びの重要性と具体的な選び方についてご紹介します。[…]

MORE

マンションを買うか戸建てを買うかは永遠の課題?
近年、住宅を購入する際に最もよく議論されるトピックの一つが、「マンションを買うか戸建てを買うか」という問題です。この永遠の課題には、様々な要素が絡み合い、個々の優先順位やライフスタイルによって異なる結論が導かれることもあります。
一方で、両方の選択肢にはそれぞれメリットとデメリットが存在し、慎重な検討が求められます。今回は、マンションと戸建ての比較を通じて、住宅選びにおける重要な要素や考慮すべきポイントについて探っていきます。情報を得ることで自身のニーズに合った最適な選択をする手助けになることでしょう。
[…]

MORE

住宅購入にあたって無理のない資金計画とは
金利が下がっているからといって、多少無理なローンでも大丈夫と思ってはいけません。その考えによって足をすくわれる可能性があります。実際には、返済が難しくなってしまい、借りたお金を返せなくなる可能性があります。
もし返済ができなくなった場合、ローンを返済するために家を手放さなくてはならなくなるかもしれません。そのため、ローンを借りる前に十分な慎重さが必要です。
金利が低くても、自分にとって無理のない返済プランを立てることが、将来的なトラブルを避けるためには重要です。

[…]

MORE

地盤の良し悪しを調べる方法
あなたが住宅を購入する場合、何処に注目するでしょうか。デザイン性や機能性など様々な選択があるでしょう。
その中でも、特に注目したいのが「安全性」です。安全性は建物が丈夫なことが大事だと思っていませんか?もちろん、建物の安全性は重要ですが、土地の安全性も重要な要素になります。
地震に強く、不同沈下を起こさない家を作るために地盤を考慮することが重要です。
例えば、不同沈下で建物が傾いた場合、少しの傾きでも建物への影響は大きく健康被害も起きると言われています。
そのようなことを防ぐためにも土地の地盤に注目することが大事なのです。
今回は、住宅購入の際に地盤の良し悪しを調べる方法をご紹介します。
[…]

MORE

一生住む家を買う前に近所にどんな人が住んでいるかを確認する方法
家を建てるために土地を買う際、不動産屋さんやネットなどで土地の物件情報を、調べるのではないでしょうか。
しかし、それだけでわからないのがご近所にどんな人が住んでいるのかでしょう。
近所の方の情報がわからなくても良いという方もいらっしゃると思います。しかし、近所の方は引っ越した後、長いつき合いになります。そのことを想像すると近所の方は重要だと言うことがわかるでしょう。
そのため、物件情報に記載されている情報だけで土地を判断して買ってしまうと、後悔してしまうことが出てくるでしょう。
そこで、今回は、一生住む家を買う前に近所にどんな人が住んでいるかを確認する方法をご紹介します。
[…]

MORE

エコキュートは新築時に導入すべき!その理由とは
オール電化の人気が高まり、普及が進む中で、エコキュートに注目が集まっています。しかし、エコキュートについてよく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。エコキュートとは、ヒートポンプ技術によって空気の熱を利用し、お湯を沸かす家庭用給湯システムのことで、正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」です。安い夜間電力を使用して効率良くお湯を沸かすので、かなり省エネと言えるでしょう。ガス給湯器よりもランニングコストを抑えられることから、近年注目が非常に高まっており、買い替えを検討する人が増えているのです。今回は、新築にこそ導入すべきエコキュートについてご紹介します。[…]

MORE

予想される大地震に備えるための土地選びとは
日本にとって地震は身近な危険の一つであることは、間違いないでしょう。例えば、2011年3月11日に発生した世界で4番目に大きい地震の東日本大震災として知られている「東北地方太平洋沖地震」や2004年10月23日に発生したマグニチュード6.8の新潟県中越大震災と呼ばれている「新潟県中越地震」があります。更に遡ると、1995年1月17日に発生したマグニチュード7.3の阪神淡路大震災と呼ばれている「兵庫県南部地震」なども思い出すことができるのではないでしょうか。[…]

MORE

今の年収で家を買っても大丈夫か判断する方法
住宅ローンについて年収の25%ほどの家を選んだ方がよいというお話を聞いたことはないでしょうか。
一般的には、ローン返済額が年収の25%以内とされています。例えば、手取り年収が500万円で30年ローンの住宅を購入しようと考えている方がいると仮定しましょう。この場合、手取り年収500万円、30年ローンの25%ですので、計算をすると30×500万円×0.25=3,750万円となります。
しかし、この例はあくまで目安でしかありません。なぜなら、手取り年収が500万円の人が、手取り1,000万円になる場合もありますよね。年収が上がっても、もともとの生活スタイルを変えなければ、年収アップ分がそのままローンの返済に回すことも可能なのです。つまり、このケースでは極論年収の50%でも問題がないということになります。一方で、年収の少ない方ほどシビアに考える必要があるので注意が必要となります。
[…]

MORE

資産形成として自宅購入のメリットと落とし穴
賃貸住宅に長く住んで家賃を払い続けていると、家を買った方が得ではないかと考える事があるのではないでょうか?しかし、賃貸と自宅購入の双方に考察すべきポイントが多くどちらも一長一短と言え、事はそう単純ではありません。少子高齢化の社会構造の変化の中で、現代においての自宅購入の是非が問われています。
結論からいえば、年金問題などの不安があるからこそ「家を買うべき」です。とは言え、老後の不安を解消するために貯金をするのが精一杯で、自宅購入に踏み出せない方もいるでしょう。この記事では、家を買うべき理由について、メリットとなるポイントと落とし穴について解説します。[…]

MORE

災害に強い土地選びの5つのポイント
住宅を建設もしくは購入する際、最も注意すべき点。その1つとして災害に対する強さが挙げられます。それを決定づける重要な要素となるのは、建物が乗る地盤の特徴と言えます。災害に強い土地選びのポイントについて、確認していきましょう。[…]

MORE

フラット35のメリットとデメリットとは
住宅購入を検討した事がある人なら誰でも耳にするであろう言葉が”フラット35”ではないでしょうか? フラット35というのは、住宅金融支援機構と全国の金融機関が提携し、扱っている「全期間固定金利型住宅ローン」の事です。[…]

MORE

建築条件付きの土地とは?後悔しない為にデメリットを知っておこう
「建築条件付き土地」というのをご存知ですか?この土地に付いている建築条件は法令などで決まっているものではなく、売主である不動産会社や建築会社が独自に決めているものです。注文住宅や建売住宅との違いや、建築条件付き土地のメリット・デメリットを合わせて見ていきましょう。[…]

MORE

住宅ローンはどこまでOK? 無理のないローンの組み方
憧れのマイホームを建てる際に、ほとんどの方が住宅ローンを利用しています。マイホームの価格を決める場合、年収やライフステージ、人生設計を考えて決定しますが、住宅ローンについても事前に考慮しておくのは重要なことです。

住宅ローンのポイントは次の2つ。

● 自分ならいくらまで借りられるのか?
● いくらなら無理なく返済できるのか?

ここでは、住宅ローンの融資額や無理のないローン組みの方法について分かりやすく説明します。[…]

MORE

住宅購入にかかる諸費用はいくら必要か?安くする裏技とは?
マイホームなど、新たに住宅を購入する時は、必ず引き渡し完了までにかかる全費用を計算して、余裕をもって予算組をするようにおすすめします。
住宅購入では土地・建物の購入価格に加え、消費税や住宅所得税などの税金がかかります。不動産会社の仲介手数料や各種保険料、引っ越し費用など入居までにかかる諸費用はかなりの金額になるものです。
一般的に、住宅購入にかかる諸費用は住宅本体の購入費用の数パーセント。事前にしっかり計算しておかないと、後で不足分の資金調達に大慌てすることになるかもしれません。[…]

MORE

徹底比較!家を買うならやっぱり新築?それとも中古? どちらにするべきか
『いよいよ夢のマイホームを購入する』となったら、家族みんなの希望を最大限に実現して、快適で愛着のわく我が家にしたいと望むことでしょう。
そこで問題になるのが、マイホームを新築住宅にするか、それとも割安感のある中古住宅からステキな物件を探すかの選択です。
せっかくのマイホームですから、やはり新築にしたいと思う人も多いでしょう。ただし、新築購入はかなり費用がかさみます。こだわりの注文住宅であればなおさらでしょう。
そこで提案なのですが、望む条件を兼ね備えた中古物件を探してみるのはいかがでしょうか?それこそ家族の夢をしっかり叶えてくれるステキなおうちを、割安の中古物件から選ぶのです。
確かに新築のマイホームは感動的で、新品を好きなように使える気持ち良さはひとしおです。ですが、その気分はほんの数か月間のこと。それならば、もっと気に入った中古物件を見つけて、ご希望通りにリノベーションするのは良いかもしれません。
ご予算を最大限に有効活用し、憧れの街で満足のいくマイホームを手に入れるなら、きっと一生涯の幸福が得られることでしょう。[…]

MORE

転勤になったら家は売る?貸す?それとも?後悔しないために考えるポイントとは
ある日突然、急に転勤の辞令がおり、マイホームを去らなければならなくなったとしたらどうしますか?しかも愛する妻と学校に通う子供、家族の一員の子犬が一緒に暮らしているとしたら?

マイホームを持つ方にとって、遠方への転勤は悩みのタネでしょう。もちろん会社の指令には従いたいところです。ですが、マイホームをどうするかの難問を解決しないと安心して引っ越すこともできません。

では、転勤の際にマイホームをどうするのが一番良いか、その選択肢や決め方のヒントをお話しましょう。[…]

MORE

相続した不動産を売却するか悩んだときのポイント
相続によって受け継いだ戸建て住宅や、分譲マンションなどの不動産をどうするかは大きな問題です。そのまま自分で住むのであれば良いですが、空き家を賃貸に出すか、すぐに売却するかで結果が大きく違ってしまうことがあります。
維持する手間暇を考えれば、いっそ売却する方がすっきりするかもしれません。ですが、売却には相続税の他に所得税や仲介手数料などが発生し、手元に残るお金が思うより少ないということもあります。
もちろん、賃貸に出すにしても税金や費用はかかりますので、これらの点を事前にチェックして、適切に判断する必要があるでしょう。[…]

MORE

蕨市で空き家を更地にしたいと考える場合は固定資産税に注意を
土地の上に住宅が建っていると、その土地の固定資産税が安くなる「住宅用地の特例」という減税制度は、空き家にも適用されます。
蕨市でも空き家を所有している方が固定資産税を負担しているでしょうが、建物に対する税金がもったいないと感じ、いっそ更地にしたほうがよいのでは…と考えてしまうものでしょう。
しかし家のない更地の状態にかかる固定資産税は、これまで住宅用地の特例が適用されていたときよりも6倍に膨れ上がることになってしまいますので注意しましょう。
[…]

MORE

川口市でも空き家を更地にしたら固定資産税が高くなる?
空き家は地方を中心に増えているといえますが、相続などで誰も住まない家を引き継ぐことになっても、固定資産税は納めなければなりません。
では、空き家を更地にしてしまえば、建物にかかる固定資産税がなくなるため節税につながるのでは?と考える方もいるようですが、実際はどうなのでしょう。
そこで、川口市で空き家を取り壊し、更地にしたときの固定資産税についてご説明します。
[…]

MORE

川口市で空き家を利活用できず除去したい場合の補助制度
年々増え続けている空き家ですが、川口市でもその対策が急務となっています。
増えた空き家を放置していれば、周辺の景観は悪化し、さらに衛生面や防犯・防災面でも問題です。
川口市の魅力ある街づくりや地域の活性化を考えても、適切な空き家対策を行っていくことが必要といえますが、利活用したくても今のままではどうにもならないという場合もあります。
もし空き家の利活用において、一旦除去したいものの費用負担が心配…という場合には、川口市が準備している空き家所有者の負担を軽減してくれる補助金制度を活用してみましょう。
[…]

MORE

さいたま市で空き家を利活用したい方が知っておきたい国や自治体の取り組み
さいたま市で空き家を利活用したい方が知っておきたい国や自治体の取り組み
空き家問題は深刻化するいっぽうですが、さいたま市でも考えていかなければならない課題となっています。
その解決策として利活用することが考えられますが、国や自治体なども中古住宅ストックの利用促進へ取り組んでいますし、新しく空き家を利活用するためのマッチングサービスなども始まっています。
そこで、具体的に空き家の利活用に向けて具体的にどのような取り組みが強化されているのかご紹介します。
[…]

MORE

戸田市で空き家を所有しているなら知っておきたい空き家対策の法律とは?
空き家対策特別措置法とはどんな法律? 生活への影響についても説明
誰にも使用されることのなくなった空き家が問題視されていますが、戸田市でも空き家問題を解消しようと様々な対策が行われています。
そして「空き家対策特別措置法」などの制定されたことで、従来とは違い空き家所有者に対し行政から直接指導などを行うことが可能となりました。
そのため元々空き家を所有している方だけでなく、相続などで空き家を所有することになった方もその内容に注意しておくことが必要です。
[…]

MORE

さいたま市内の空き家に関連する法律「空き家対策特別措置法」とは
2015年5月に全面的に施行された「空き家対策特別措置法」ですが、さいたま市内で空き家を所有している方にとっても把握しておきたい法律です。
「空き家対策特別措置法」は、空き家が放置されることで起きるいろいろなトラブルを解消すること、さらに空き家の利活用や処分を後押しするためにできた法律といえます。
そこで、具体的にどのような内容の法律になっているのかご説明します。
[…]

MORE

蕨市内で空き家の管理を適切に行わなければ増税の対象に?
蕨市内でも空き家を所有している方はいるでしょうが、建物の状態や解体といった手を加えるなどで、固定資産税が増税されてしまうこともあります。
人が住んでいない空き家だとしても、不動産を所有していれば固定資産税が課税されますが、この税金は不動産の価値ともいえる課税標準に基づいて決定されます。
敷地の上に建物が建っている空き家であれば、「住宅用地の特例」により土地の固定資産税は軽減措置の対象となっていますが、空き家を取り壊せば更地となり税金が増税されてしまいます。
そして空き家を残していても、土地の固定資産税が増税されることもあるため、単に建物を残していればよいわけではありません。
[…]

MORE

さいたま市で空き家が増税の対象になるケースとは?
固定資産税は、土地や建物など不動産を所有している方が納めなければならない税金ですが、それは誰も住んでいない空き家でも同じことです。
空き家の所有者が固定資産税を納めることとなるため、さいたま市内でも空き家にかかる税金を軽くしようひとまず空き家を取り壊さず放置しているケースはあるようです。
これは住宅用地の特例を受けることを目的としたものですが、空き家があるのにその下の敷地(土地)の固定資産税が6倍に増税されてしまうこともあるため、単に建物を残せばよいわけではありません。
[…]

MORE

戸田市で空き家の使い道に困ったときに考えたい売る・貸すという選択
現在は誰も住んでいない空き家を所有しているものの、取り壊してしまうのももったいなく、しかし使い道がない…といった悩みを抱えていないでしょうか。
戸田市でも誰も住んでいない空き家が増えつつある状況ですが、使い道がなくそのまま放置していても固定資産税や管理費はかかります。
もし適切な管理を行っていなければ、空き家がどんどん老朽化してしまい倒壊するリスクを高めるなど、よいことは何一つありません。
そこで、戸田市で空き家を所有しているものの、どうすればよいかわからない方に検討してほしい使い道についてお話します。
[…]

MORE

さいたま市の空き家で得をするにはどのような使い道を選ぶべき?
さいたま市でも、空き家を相続したもののどのような使い道があるのか、扱いがわからず悩んでいる方はいるようです。
住む家として使うことができればよいものの、すでに別に家を購入しており空き家となることが決まっている場合、放置していればどんどん古くなってしまいます。
しかし、空き家の使い道はいろいろあるため、上手に活用することを考えてみてはいかがでしょう。
[…]

MORE

蕨市で不動産を相続することになったときのために知っておきたいその流れとは
親が亡くなったことで相続が発生したとき、その手続きの流れを十分に把握しているでしょうか。
蕨市内にも不動産などを相続するとき、どのような手続きが必要になるのか、その流れなどよくわからず過ごしている方もいるようです。
しかしいざというときに慌てないためにも、先に不動産を相続するときにどのような流れとなるのか確認しておきましょう。

[…]

MORE

戸田市で土地を相続するときの流れと必要書類とは?
戸田市で土地など不動産の相続手続きが必要になったけれど、どのような流れを踏むことになるのかわからず悩む方もいることでしょう。
たとえば親が亡くなり土地を相続したいけれど、そもそも不動産の名義変更とはどのように行うべきで、どこで手続きすればよいかわからないと悩む方も少なくありません。
そこで、戸田市で土地を相続することになったとき、どのような不動産登記を行えばよいかその流れをお伝えします。
[…]

MORE

さいたま市で不動産を相続するときの主な流れとは?
相続による手続きをする機会は、人生において何度も訪れることはありません。
そのため親が亡くなったときにはじめて相続を経験する方も多く、どのような流れで手続きすればよいのか、まず何から行えばよいのかわからなくなるものです。
さいたま市内の不動産を相続で引き継ぐことになったときなども、手探り状態で手続きを進めていかなくてもよいように、事前にどのような流れになるのか把握しておくと安心できます。
[…]

MORE

戸田市で不動産を相続したときは登記に必要になる書類に注意を
相続が発生したとき、遺産の中に土地や建物などの不動産があれば、その名義を変更するための相続登記が必要です。
戸田市でも親が亡くなった後で、実家を相続することになったものの、どのような書類が必要なのかわからず何を揃えればよいのだろう…と迷う方もいるでしょう。
そこで、もし不動産を相続することになった場合、登記においてどのような書類が必要になるのかご説明します。
[…]

MORE

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.