埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

記事カテゴリ 空き家・空き地

  • HOME
  • 記事カテゴリ 空き家・空き地
蕨市で空き家を更地にしたいと考える場合は固定資産税に注意を
土地の上に住宅が建っていると、その土地の固定資産税が安くなる「住宅用地の特例」という減税制度は、空き家にも適用されます。
蕨市でも空き家を所有している方が固定資産税を負担しているでしょうが、建物に対する税金がもったいないと感じ、いっそ更地にしたほうがよいのでは…と考えてしまうものでしょう。
しかし家のない更地の状態にかかる固定資産税は、これまで住宅用地の特例が適用されていたときよりも6倍に膨れ上がることになってしまいますので注意しましょう。
[…]

MORE

川口市でも空き家を更地にしたら固定資産税が高くなる?
空き家は地方を中心に増えているといえますが、相続などで誰も住まない家を引き継ぐことになっても、固定資産税は納めなければなりません。
では、空き家を更地にしてしまえば、建物にかかる固定資産税がなくなるため節税につながるのでは?と考える方もいるようですが、実際はどうなのでしょう。
そこで、川口市で空き家を取り壊し、更地にしたときの固定資産税についてご説明します。
[…]

MORE

川口市で空き家を利活用できず除去したい場合の補助制度
年々増え続けている空き家ですが、川口市でもその対策が急務となっています。
増えた空き家を放置していれば、周辺の景観は悪化し、さらに衛生面や防犯・防災面でも問題です。
川口市の魅力ある街づくりや地域の活性化を考えても、適切な空き家対策を行っていくことが必要といえますが、利活用したくても今のままではどうにもならないという場合もあります。
もし空き家の利活用において、一旦除去したいものの費用負担が心配…という場合には、川口市が準備している空き家所有者の負担を軽減してくれる補助金制度を活用してみましょう。
[…]

MORE

さいたま市で空き家を利活用したい方が知っておきたい国や自治体の取り組み
さいたま市で空き家を利活用したい方が知っておきたい国や自治体の取り組み
空き家問題は深刻化するいっぽうですが、さいたま市でも考えていかなければならない課題となっています。
その解決策として利活用することが考えられますが、国や自治体なども中古住宅ストックの利用促進へ取り組んでいますし、新しく空き家を利活用するためのマッチングサービスなども始まっています。
そこで、具体的に空き家の利活用に向けて具体的にどのような取り組みが強化されているのかご紹介します。
[…]

MORE

戸田市で空き家を所有しているなら知っておきたい空き家対策の法律とは?
空き家対策特別措置法とはどんな法律? 生活への影響についても説明
誰にも使用されることのなくなった空き家が問題視されていますが、戸田市でも空き家問題を解消しようと様々な対策が行われています。
そして「空き家対策特別措置法」などの制定されたことで、従来とは違い空き家所有者に対し行政から直接指導などを行うことが可能となりました。
そのため元々空き家を所有している方だけでなく、相続などで空き家を所有することになった方もその内容に注意しておくことが必要です。
[…]

MORE

さいたま市内の空き家に関連する法律「空き家対策特別措置法」とは
2015年5月に全面的に施行された「空き家対策特別措置法」ですが、さいたま市内で空き家を所有している方にとっても把握しておきたい法律です。
「空き家対策特別措置法」は、空き家が放置されることで起きるいろいろなトラブルを解消すること、さらに空き家の利活用や処分を後押しするためにできた法律といえます。
そこで、具体的にどのような内容の法律になっているのかご説明します。
[…]

MORE

蕨市内で空き家の管理を適切に行わなければ増税の対象に?
蕨市内でも空き家を所有している方はいるでしょうが、建物の状態や解体といった手を加えるなどで、固定資産税が増税されてしまうこともあります。
人が住んでいない空き家だとしても、不動産を所有していれば固定資産税が課税されますが、この税金は不動産の価値ともいえる課税標準に基づいて決定されます。
敷地の上に建物が建っている空き家であれば、「住宅用地の特例」により土地の固定資産税は軽減措置の対象となっていますが、空き家を取り壊せば更地となり税金が増税されてしまいます。
そして空き家を残していても、土地の固定資産税が増税されることもあるため、単に建物を残していればよいわけではありません。
[…]

MORE

さいたま市で空き家が増税の対象になるケースとは?
固定資産税は、土地や建物など不動産を所有している方が納めなければならない税金ですが、それは誰も住んでいない空き家でも同じことです。
空き家の所有者が固定資産税を納めることとなるため、さいたま市内でも空き家にかかる税金を軽くしようひとまず空き家を取り壊さず放置しているケースはあるようです。
これは住宅用地の特例を受けることを目的としたものですが、空き家があるのにその下の敷地(土地)の固定資産税が6倍に増税されてしまうこともあるため、単に建物を残せばよいわけではありません。
[…]

MORE

さいたま市の空き家で得をするにはどのような使い道を選ぶべき?
さいたま市でも、空き家を相続したもののどのような使い道があるのか、扱いがわからず悩んでいる方はいるようです。
住む家として使うことができればよいものの、すでに別に家を購入しており空き家となることが決まっている場合、放置していればどんどん古くなってしまいます。
しかし、空き家の使い道はいろいろあるため、上手に活用することを考えてみてはいかがでしょう。
[…]

MORE

蕨市でも空き家対策として空き家バンク制度はあったほうがよい?
「蕨市老朽空き家等の安全管理に関する条例」が平成25年4月1日に施行されましたが、そもそもこの条例は老朽化した空き家などに対する適切な管理を図ることを目的としています。

防災上や防犯上の理由から、適切な管理が行われず老朽化した空き家については、蕨市が強制的に取り壊すことなどが可能になりました。

それにより、空き家倒壊などで隣家や周辺住民など第三者への被害を未然に防ぐことができ、良好な生活環境を保全し安全で安心できるまちづくりを推進することにつながります。
[…]

MORE

川口市空家等対策計画が策定されてもすべて市で対応してもらえるわけではない?
川口市では、空きや対策を総合的・計画的に進めていくために「空家等対策の推進に関する特別措置法」の規定に基づき、国の定める基本指針に沿った「川口市空家等対策計画」を策定しています。

空き家の適切管理はその物件所有者または管理者にありますが、空き家とそこに隣接した民家との間で起きた問題などは、民事として当事者間で解決しなければなりません。

適切な空き家管理が行われていないことを理由に、何らかの問題が起きている場合にもまずは直接空き家所有者と隣接する民家の所有者とで話し合いが必要となります。

川口市空家等対策計画など策定されていても、すべての問題を市に相談すれば解決してもらえるわけではないため注意が必要です。
[…]

MORE

戸田市が制定している空き家に対する条例で特定空家等に指定される空き家とは?
戸田市でも誰も住まず空き家となっている家屋が増えつつありますが、そもそも空き家は個人の財産であり、適切な管理は所有者が行うことが必要です。

しかし近年では適正な管理が行われていない空き家も増加し、災害などが発生したときには建物の部材が落下・飛散し、周辺住民の安全を脅かすといった問題も起きています。

そこで、戸田市も2016年7月から「戸田市空家等対策審査会条例」が施行され、空き家所有者に対し適正な空き家管理を促しています。
[…]

MORE

空き家売却や購入を円滑化させるため戸田市が行っている対策とは?
人口減少や高齢化などが進む日本では、戸田市だけでなく全国的に空き家が年々増加しています。

この空き家は適切な管理がされないままで放置されてしまうと、環境面や防犯面でも様々なリスクを引き起こすこととなり、空き家周辺で住む方の生活環境に悪影響を及ぼします。

そのため早急な対策実施が必要となっていますが、戸田市では安心・安全なまちづくりを推進するため、

「空家等発生の予防」
「空家等の活用促進」
「所有者等による適正管理の促進」
「行政・地域住民・専門家団体による協働」

という4つの基本目標により戸田市内の空家等への課題解決に向けた「戸田市空家等対策計画」を2018年5月に策定しています。
[…]

MORE

さいたま市が行う空き家対策で利用しやすいのは?
さいたま市では、空き家などを適正に管理することは物件所有者や管理者の責務とし、管理されていない空き家所有者に対して指導を行う対策として「さいたま市空き家等の適正管理に関する条例」を制定しています。

平成27年5月26日にも「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行されることとなり、放置していれば倒壊や保安面でリスクの高い空き家所有者に対し、行政の判断で助言・指導・勧告・命令、そして強制代執行が可能となりました。

もしさいたま市でも空き家を所有しているものの、適正な管理を怠っていることで雑草や樹木が生い茂り害虫などの被害を発生させてしまっている場合や、建物が倒壊するリスクが高まっていることで周辺住民に対し不安を与えていると行政から指導を受ける可能性があります。
[…]

MORE

蕨市の空き家を解体しなければならない方に対する補助制度とは?
蕨市で行政から指導を受け、空き家を解体しなければならないとわかっていながらも、建物を壊す費用がなく困っている方もいるようです。

しかしこのまま空き家を放置していても倒壊などのリスクが高まり景観も損なうなど、周辺に住む方にも迷惑になってしまう…という場合、「蕨市老朽空き家等解体補助金」で解体にかかる費用の一部を補助してもらうことができます。
[…]

MORE

さいたま市で空き家を相続したらどのような手続きが必要?
今空き家となっている家は、親が住んでいた自宅などがほとんどです。

実家が長期間に渡り空き家となっているケースとは、誰が相続するべきかなど問題を抱えていることも少なくありません。

さいたま市でも実家が空き家になってしまったとき、相続問題が発生してしまうかもしれないと悩んでいる方もいるでしょうが、相続問題を解決するためには労力・費用・時間の負担が大きくかかるため事前に相続に関する正しい知識を持っておくことが必要です。
[…]

MORE

さいたま市の実家が空き家となったときに知っておきたい節税対策
親が亡くなったことにより、相続で実家を引き継いだものの特に住む予定がなく、そのまま所有し続けているといったさいたま市民の方も少なくありません。

しかし空き家のままで所有し続けていても、適切に管理されていなければ街の景観を損ねることになるなど、街づくりに影響が出てしまいます。

老朽化による倒壊や防犯面などでもリスクが高い状態となるため、国も空き家発生を抑えるために節税できる特例措置を設け、対策を進めていますのでうまく活用するようにしましょう。
[…]

MORE

川口市でも空き家が増加中!どのような活用方法がある?
川口市だけでなく、空き家は日本全国今後もどんどん増えることが予想されています。
実際、政府も空き家について対策を行ってはいますが、増え続ける空き家を有効活用するなどといったそれぞれの努力が求められているところです。
そこで、川口市で空き家を所有する方が、実際にどのような形で有効活用すればよいのか、その一部をご紹介します。
[…]

MORE

さいたま市でもすぐにできる空き家の活用方法とは?
日本全国各地で空き家が増えていることが問題視されていますが、さいたま市でもこのまま増え続ける空き家問題を解決しようと様々な活用がされています。
しかし空き家をどのように活用すればよいかわからず、ひとまず放置しているといった方も少なくないため、具体的にどのような活用方法があるのかご説明します。
[…]

MORE

不動産のプロによる後悔しない空き家売却完全マニュアル
「実家が空き家になってしまった」「今、親が一人で住んでいるが、近いうちに空き家になったときにどうしよう」。
近年、こういった悩みを抱えている人が増えています。空き家が増え続ける今、活用にはさまざまな選択肢がありますが、できるだけ早く適切な価格で売却し、身軽になるのも一つの正解ではないでしょうか。そこで後悔しないための空き家の売却ノウハウをお伝えします。
[…]

MORE

さいたま市で空き家の買取希望者を探す方法とは?
平成27年5月から空家等対策特別措置法が施工されたことにより、さいたま市だけでなく全国の空き家問題に対し対策も本格的に講じられることとなりました。
空家が今以上増え続けることはマイナスでしかないため、ビジネスに空き家を活用しようという動きも広がっています。
そして居住目的で空き家を買取りたいと考える方もいるようですが、空き家を売却したいと考える方にとっては、どうすれば買取希望者と出会うことができるのか気になるところでしょう。
[…]

MORE

空き地の雑草対策としてもっともメリットが高い方法はどれ?
もし使用しない空き家の管理が面倒だから解体し更地にして空き地にすれば管理や手入れが不要というわけではありません。
管理を適切に行っておかなければ雑草だらけになってしまい、近隣などに多大な迷惑をかけることになってしまいます。
空き地に繁殖する雑草は種類によって異なるものの、早いものなら草抜きをしたのに1週間もすればまた生えてくるケースもあるのです。
そこで、空き地に増える雑草への対策としてどのようなことを行えばよいのかご説明します。

[…]

MORE

川口市で空き家を解体するなら補助金制度の活用を!
老朽化が著しく、すでに建物が傾いていたり蔦に覆われていたりなど、放置すれば倒壊する危険性が高いケースや見た目にも問題がある空き家は少なくありません。
川口市でも所有者が誰かわからず放置されたままで、老朽化が著しい状態という空き家に悩まされている方もいることでしょう。
行政が放置しておけば危険で他の手段などで解決が見込めないと判断した場合には、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づいた代執行より空き家は解体されます。
しかし行政の判断で解体されるよりも前に空き家所有者が利活用や売却といったことを検討することが必要といえるでしょう。

[…]

MORE

戸田市で空き家バンクに登録されている物件を購入すると補助金が支給される?
戸田市で空き家を所有している方の中で、売却を目的に空き家バンクなどに登録している方もいることでしょう。
しかし、なかなか買主が見つからない・・・という悩みを抱えていることもあるようです。ただ、戸田市では空き家バンクに登録された空き家を自己居住を目的として購入した場合には、改修工事費や建て替えを目的とする除去工事費の一部を補助金として支給する制度も設けています。
このような制度を有効活用してもらうことで、空き家購入を検討しやすくなるでしょうが、具体的にどのような制度になっているのかご説明します。

[…]

MORE

蕨市で空き家を買取ってくれる人を探したいときはどうすればよい?
蕨市などで親の実家を引き継いだものの、住むことがなく空き家となっている場合など、誰か買取てくれる人はいないか探すこともあります。
都心部に若い世代が集中する中でも、田舎や地方などに移住を考える方もいるため、空き家を買取りたいという方も少なくありません。
特に蕨市など、空き家問題に頭を悩ませている自治体では地域活性のためにも力を入れているところのようです。

[…]

MORE

さいたま市で所有する空き家を解体するときには補助制度を活用できる?
さいたま市でも、空き家を所有しているものの使うことがなく、解体して更地にして売却しようと考えている方もいることでしょう。
その際、補助金などの制度を活用したいと思うものでしょうが、現在さいたま市では土地の売却の際に実施する解体工事を助成する目的で補助金制度はありません。
もし、さいたま市で補助金を活用し、空き家を解体するのであれば耐震補強などを目的とするのであれば、制度を活用できます。

[…]

MORE

さいたま市で空き家を所有する方が売却の相談をする場合の注意点
さいたま市でも、空き家を所有しているものの今後どうするべきか迷い、誰かに相談したいと考えている方は少なくありません。
家族との思い出がつまった空き家だけれど、誰も住むことなく所有し続けることは、管理に手間がかかることや固定資産税の負担が重いと感じてしまうことを意味します。
そこで、さいたま市の空き家所有者の方などは、最終的に売却という決断をする方も増えています。
ただ、売却したくてもいくらで売れるのかわからず、そもそも何から始めればよいか判断がつかず相談したいと考えてしまうものでしょう。[…]

MORE

さいたま市の空き家は増加傾向にある?なぜ増えることが問題となるのか
近年、誰も住むことがなく空き家状態になった家が増えていることが問題視されていますが、さいたま市でも空き家は増加傾向にあります。
空き家を所有していても、ただ人が住んでいないだけで、特に誰にも迷惑をかけることはないだろうと感じるかもしれませんが、実際にはそうではありません。
そこで、なぜ空き家が増えることが問題となっているのか、単に所有しているだけではダメな理由をご説明します。

[…]

MORE

川口市で空き家を所有することになったものの税金の負担が気になるのなら
高齢化が進む日本では、実家を相続したものの誰も住むこともなく、空き家を所有することになったというケースもめずらしくありません。
川口市でお住まいの方でも、空き家を所有することになったものの、固定資産税など負担しなければならないことを負担に感じているという場合もあるでしょう。
しかし、いくら空き家を使わないからといって、更地にしてしまえば空き家の固定資産税の減免措置を受けることができないと放置してしまう方もいるようです。
[…]

MORE

戸田市で放置された空き家でも税金は本当に軽減される?
空き家はたとえ誰も住んでいなくても、個人の財産なので管理を行うのは所有者の義務です。
戸田市でも人の住んでいない空き家は存在しており、適切な管理がなされていないことでトラブルなども発生しています。
空き家をそのまま放置する理由として不動産にかかる税金が関係していますが、なぜ使わないのに取り壊さずそのままにしているのか、放置するリスクなどをご説明します。

[…]

MORE

蕨市で空き家を取り壊し更地にすると土地の税金が高くなる?
蕨市内に空き家を所有しているものの、この先使う予定もないため解体して更地にしたいと考えるケースもあるでしょう。
しかし、建物を取り壊し空き家から空き地にしてしまうと税金が高くなってしまうという話を耳にしたことはないでしょうか。
このとき、どの税金が高くなってしまうのか、その理由についてご説明します。
[…]

MORE

川口市で空き家管理への悩みやトラブルを抱えているのなら
川口市内に空き家を所有しているものの、管理を行うことができず近隣住民とのトラブルになってしまっている・・・といった悩みを抱えていないでしょうか?
誰も住んでいない状態の家でも、適切に管理を行うことは所有者に義務付けられています。
もし管理のことで悩んでいるのなら、埼玉県が不動産団体と連携して結成している「空き家の持ち主応援隊」に相談してみるとよいでしょう。

[…]

MORE

戸田市が行う空き家トラブル解消の取り組みとは?
空き家やその敷地を管理するのは、物件の所有者の責任といえます。個人が土地や建物を所有するのなら、たとえ誰も住んでいなくても適切に管理を行うことが求められます。
しかし、戸田市でも適切に管理が行われていない空き家などが見られており、その空き家を巡るトラブルなども発生していないとは言い切れません。
適正な管理が行われていない空き家などが増えてしまうと、台風や地震などの自然災害が起きたときには、家の部材が落下したり飛散したりといった危険が高まります。
さらに庭など敷地の管理も行っていなければ、雑草や樹木が生い茂った状態となり、景観を損なうだけでなく害虫発生や不法侵入などのリスクを高めることとなるでしょう。
地域が快適に、安心して生活を送るためにも、空き家を所有している方は定期的に管理を行い、周辺住民に迷惑をかけない状態を確保することが必要です。

[…]

MORE

蕨市では空き家へのごみ捨てやふんの放置は禁止!そのようなトラブルを防ぐために
空き家にごみをポイ捨てされたり、飼い犬のふんが処理せず放置されたりといったトラブルは少なくありません。
しかし、蕨市ではこのような空き家へのごみ捨てやふんの放置を禁止しています。
ただ、空き家や空き地に雑草が繁茂した状態の場合や、老朽化して管理されていない状態などの場合には、このような被害を受けやすい環境を作ってしまいますので適切な管理を行うようにしましょう。

[…]

MORE

さいたま市で空き家のトラブルや問題を相談できる窓口とは?
さいたま市では、公益法人やNPO法人と協力して空き家のトラブルや問題に対し、適切な提案や助言を行う相談窓口を整備しています。
増え続ける空き家で発生したトラブルを解決するために、どうすればよいのか迷ったときには窓口に相談してみるとよいでしょう。

[…]

MORE

川口市を地域活性化させるため空き家活用したい方におすすめの制度とは?
川口市ではまちづくり活動拠点施設・交流施設・体験学習施設・創作活動施設・文化施設その他地域コミュニティの活性化などに空き家活用する場合に、工事費用の一部を補助する制度を設けています。
空き家を所有している方が適切な管理を行わず、そのまま放置してしまえば景観を損なうこととなり、倒壊などのリスクを高めることになってしまうでしょう。
そこで、空き家活用を考えるのなら、川口市が設けている「川口市空家利活用補助金制度」の利用も踏まえた上で検討してみることをおすすめします。
[…]

MORE

戸田市で空き家活用したい方におすすめの制度とは?
戸田市では、2018年5月に「戸田市空家等対策計画」を策定しており、空き家対策を進め適切な管理と空き家発生を抑制する取り組みを進めています。
人口減少や高齢化などで使用されていない空き家は年々増加傾向にありますが、適切な管理が行われず放置されていては環境や景観を損なうだけでなく、防災・防犯面でもリスクを高めます。
そこで、空き家活用することで安心・安全に生活を送ることのできるまちづくり推進につながると考えられ、様々な取り組みが実施されています。
[…]

MORE

蕨市で空き家活用を検討している方が利用したい耐震診断と改修補助の制度
平成25年4月、蕨市で老朽化した空き家が安全に管理され、倒壊などで近隣住民に被害が及ぶことを未然に防ぐために「蕨市老朽空き家等の安全管理に関する条例」が施工されました。
良好な生活環境を保全し、安心できる安全なまちづくりを推進するための条例です。そのため空き家を保有している方は、使わないまま放置するのではなく適切な管理を行うことが義務化されたといえるでしょう。
もし使わない状態で所有し続けるのなら、空き家活用なども検討したいところですが、蕨市では無料の耐震診断や改修補助などの制度を設けていますので、空き家活用にむけて利用するとよいでしょう。
[…]

MORE

さいたま市で空き家活用を検討している所有者が頼れる窓口とは?
さいたま市では空き家などの適正管理は所有者(または管理者)の債務としており、管理が十分でない空き家などがある場合には所有者に対して指導などを行うため「さいたま市空き家等の適正管理に関する条例」を制定しています。
さらに平成27年5月26日には「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行され、管理されない空き家がそのまま放置されることで倒壊などのリスクが高いと判断される場合には、行政から助言・指導・勧告・命令・行政代執行といった措置が行われるようになりました。
そこで、使わない空き家を所有しているのなら、近隣の良好な生活環境を阻害することにならないためにも、空き家活用を検討しましょう。
[…]

MORE

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.