埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

空き地を不動産会社に査定してもらう前に売却価格を想定する方法とは?

空き地など不動産を所有している方の中で、何か良い使い道はないのだろうかと悩んでいる方はいるようですが、所有しているだけで固定資産税や管理のための費用などはかさんでしまいます。 しかし、それなら売却しようと思っても、どのくらいの価格で売れるのかわからず、査定として提示された金額をそのまま鵜呑みにしてよいのか迷うこともあるようです。 そこで、空き地などを不動産会社で査定してもらう場合、事前に相場を知っておくようにしましょう。

どうやって空き地の価格相場を確認する?

空き地を売ろうと考えるなら、不動産会社に連絡してどのくらいの価格になるのか査定してもらう前に、所有している空き地の価格相場を調査しましょう。 土地の価格相場は、おおよその額であればインターネットで簡単に調べることができます。 □国土交通省の「土地総合情報システム」で確認 不動産には様々な価格がありますが、例えば、過去の売買事例による実勢価格、そして公示価格や固定資産税評価額といった公的価格があります。 これらの価格は、国土交通省のWebサイトである「土地総合情報システム」から確認することができます。

「土地総合情報システム」ではどのような情報が公開されている?

自分の所有している空き地がいくらの価格になるのかは、その空き地の周辺の土地が、過去にどのくらいの価格で取引されたのか知ることで確認できます。 この国土交通省の土地総合情報システムからは、国土交通省が個人や不動産業者にアンケート調査を行い、そこで収集した取引事例を閲覧することができます。また、そのデータを基にした公示価格も確認できるので、ぜひ参考にしましょう。 国土交通省:土地総合情報システム 不動産取引価格情報検索 http://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet 国土交通省:標準地・基準地検索システム 地価公示・都道府県地価調査 http://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=2&TYP=0 □不動産取引価格情報検索で確認できる内容 不動産取引事例は、市町村などの地域別や沿線別から調べることができます。表示される情報は、取引価格、坪単価、土地形状、道路付け、都市計画、交通などです。 □地価公示・都道府県地価調査の検索で確認できる内容 地価公示・都道府県地価調査による公示価格で公表されているのは、㎡単価、標準値や基準値の番地、土地形状、交通便、周辺の状況などの情報です。 □所有している空き地の売却価格を算出するには この2つで公開されている情報に、自分の所有している空き地近辺の事例や公示価格をあてはめていくことで、ある程度の売却価格を想定することができます。 土地の取引事例と公示価格ともに、「所有地の近くで面積や交通便(交通アクセス)の似たもの」をピックアップします。 そして取引事例と地価調査による公示価格での㎡単価を、所有している空き地の面積にかけることで、大まかな売却価格を算出することができます。

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.