埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

空き地の管理が大変ならどのように活用すれば良い?

空き地は宅地や農地といった利用される目的のないまま放置された土地です。一般の人が自由に使えるような状態の土地を指します、なぜこのような状況になっているかというとやはり土地の管理は想像するよりも大変だということです。
親から相続した土地があるものの、現地まで遠い場所に住んでいるので確認したくてもできないという場合もあるようです。

 

空き地の管理はどのように行う?


空き地は管理地看板を設置し、管理されている土地であるという表示をしておくことで不法投棄や無断使用されることを防ぐことができるでしょう。
雑草などが生えて伸び放題になっていないか、年に1度は草刈りも必要です。さらに違法駐車や不法投棄など、勝手に駐車場として使われていないか、粗大ゴミなどが捨てられていないかを確認することも必要で、ごみ捨てなども必要に応じて行うことになります。

 

今後空き地はさらい増加する?


少子高齢化や人口減少に伴って、空き地や空き家などの適正な管理が行われていない不動産が今後ますます増加することが予想されます。
住宅開発時に購入された土地などが、所有者の経済的な事情や遠くに居住していることなどで結局利用されないまま放置されているというケースもあるようです。
空き地にゴミなどが不法投棄されるといった問題だけでなく、周辺住宅にとっては景観を悪化させ悪臭などの原因にもなりかねません。

 

今なぜ空き地が存在している?


土地の所有者に経済的な事情がある場合や、遠くに居住していることで行政から指導があっても対処されないままという空き地も多く存在するようです。
また、相続が発生した土地などは所有者を特定することが困難なものもあるなど、様々なことが要因となって強制的な措置を講ずるに至っていないという状況もあります。

 

空き地の管理が難しい場合


何の目的もなくただ放置している土地や、寝かしている土地などは、立地状況にもよりますが駐車場として活用することで老後資金等の収入源にすることができます。
また活用方法に注意することによって相続税評価額も引き下げが可能になる場合があります。

 

駐車場経営で収入を得ることができる?


駐車場用地として利用した場合の固定資産税は、家が建っている土地よりは高いです。しかしアパートを建築して土地活用する場合には建築費や修繕費などが必要ですが、駐車場の場合はそれらの費用を軽減することができ、リスクもリターンも低い傾向にあります。
ただ単に土地の固定資産税を支払っているだけ状態であれば、駐車場などに活用することも検討してみてはいかがでしょう。

 

駐車場経営を行う場合の注意


ただし土地の上に使わない家があり、それを壊して土地を駐車場として利用する場合には家が無くなることで土地の固定資産税が6倍に増える可能性があります。
また、駐車場経営を行う場合にジャリ敷きの青空駐車場で使えば費用がかからないと思うかもしれませんが、相続税対策のメリットは得ることができません。
ジャリ敷き土地は更地と同じ扱いになりますので固定資産税が高く、駐車場として他人に貸しても自用地扱いになります。そのため相続税評価額が変わりません。
アスファルトやコンクリート敷きにすることで構築物の扱いとなり、貸付事業用宅地等に該当する200㎡まで50%減となる小規模宅地等の特例が適用されます。
初期費用はかかってもコンクリートなどで整備したほうが良いと言えるでしょう。

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.