埼玉県の不動産売却ならネクスト・リアルプランにお任せください

  • tel 048-871-1710 【営業時間】 午前 9:00~18:00【定休日】水曜日、第1、第3木曜日
  • estimates
  • contact
  • line

さいたま市で空き家活用を検討している所有者が頼れる窓口とは?

さいたま市では空き家などの適正管理は所有者(または管理者)の債務としており、管理が十分でない空き家などがある場合には所有者に対して指導などを行うため「さいたま市空き家等の適正管理に関する条例」を制定しています。
さらに平成27年5月26日には「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行され、管理されない空き家がそのまま放置されることで倒壊などのリスクが高いと判断される場合には、行政から助言・指導・勧告・命令・行政代執行といった措置が行われるようになりました。
そこで、使わない空き家を所有しているのなら、近隣の良好な生活環境を阻害することにならないためにも、空き家活用を検討しましょう。

この記事は約3分で読めます。

空き家活用などの相談が可能な窓口

空き家活用を検討したくても、具体的にどのようなことを行えばよいのかわからない方もいるでしょう。

そこで、さいたま市では次のように状況や目的に応じて相談できる窓口などが準備されています。

 

空き家ワンストップ相談窓口

さいたま市と公営法人やNPO法人が協働し、空き家の所有者などが抱えているいろいろな相談に対し助言や提案を行ってくれる窓口です。さいたま市内に7か所設置されていますので、たとえば実家(空き家)を相続したもののどうすればよいかわからない場合や、所有する空き家を誰かに売却・賃貸したいとき、定期的に空き家を管理して欲しいといったときに相談してみましょう。

相談はそれぞれの窓口の相談員が対応してくれますが、弁護士や税理士などの専門家や不動産業者・解体業者など協力事業者が必要なときには、連携・協力した上での具体的な助言・提案をしてくれます。

 

シルバー人材センターに空き家管理業務を委託

さいたま市では公益社団法人さいたま市シルバー人材センターと協定を締結しているため、空き家管理業務を行ってもらえます。

具体的には、

  • ◆空き家の除草やつたなどの撤去
  • ◆植木の伐採
  • ◆空き家の窓の開閉など見回り
  • ◆網戸やふすまなど簡単な小修繕
  • ◆簡単な板塀修理などの大工仕事

などが業務の対象です。

 

空き家活用・促進などに係る金融機関と連携

さいたま市では空き家所有者が空き家活用したい場合、埼玉りそな銀行・武蔵野銀行・埼玉縣信用金庫・城北信用金庫の4つの金融機関と協定を締結して、空き家に関連するローンの情報提供を実施しています。

 

空き家の持ち主を応援

埼玉県空き家管理サービス事業者登録制度では、埼玉県と不動産団体が連携し「空き家の持ち主応援隊」を結成して空き家対策を促進しています。空き家所有者が管理を委託できる業者など検索することが可能なので、こちらもうまく活用するとよいでしょう。