埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

さいたま市で不動産を売却するときに住民票は必要になる?

不動産を売却するとき、物件の売主は必要書類を準備しておくことが必要です。さいたま市で不動産を売却するときにも、スムーズに手続きを進めていく上でどのような書類が必要になるか把握しておきたいところですが、住民票は必要なのでしょうか?
そこで、不動産売却において必要となる書類にはどのようなものがあるかご説明します。

この記事は約2分で読めます。

不動産会社に売却手続きを依頼する際の書類

不動産を売却する手続きを不動産会社に依頼するとき、必要となる書類には次のようなものがあります。

  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 売却する不動産の登記情報が記載された書類です。誰が物件の所有者なのか、抵当権などの設定の有無など確認することができます。
  •  
  • 売買契約書
  • 売却する不動産を購入するときに交わした契約書です。
  •  
  • 登記済権利書(登記識別情報)
  • 不動産を売却しようとする方が真の物件所有者であることを証明するために必要です。
  •  
  • 土地測量図・境界確認書
  • 一戸建てや土地の売買に必要となります。
  •  
  • 固定資産税納税通知書・固定資産税評価証明書
  • 固定資産税の確認と所有権を移転する登記で登録免許税を計算するとき必要になります。
  •  
  • 物件の図面・設備の仕様書
  • 間取りや設備の状況の確認が可能となる書類です。
  •  
  • 建築確認済証・検査済証
  • 一戸建てを売買する際に必要で、建築基準法で定められた基準で建てられた建築物か、現地で行われた検査に適合しているか証明するため必要です。
  •  
  • 建築設計図書・工事記録書
  • 物件がどのような設計でどのような工事が実施されたか確認することができます。
  •  
  • マンションの管理規約・維持費関連書類など
  • マンションを売却するときに必要になります。管理費や修繕積立金など、物件購入者がマンションに入居した後で負担しなければならない費用を確認するために必要です。
  •  
  • 耐震診断報告書
  • 新耐震基準導入前の中古物件を売買するときに必要です。

 

 

不動産購入者に物件を引き渡すとき必要となる書類

物件の購入者と売買契約を結んだ後、実際に不動産を引き渡すときにも次のような書類が必要になります。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 売主の本人確認を行う上で必要です。
  •  
  • 印鑑証明書(実印含む)
  • 発行から3カ月以内のものを準備するようにしてください。
  •  
  • 住民票
  • 登記簿上の売主の住所と、現住所が異なる場合に必要となりますが、発行から3カ月以内のものを準備するようにしてください。
  •  
  • 銀行口座の通帳
  • 不動産を売ったときの代金は銀行振り込みされることが多いため、口座情報を伝えるために必要です。
  •  
  • ローン残高証明書など
  • 売却する不動産の住宅ローンがまだ残っている場合には、残債総額を伝えるために必要です。

 

 

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.