埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

空き家を活用するビジネスが盛り上がりを見せている?その内容とは?

空き家を所有している場合、使う予定がないので売却しようと考える方もいれば、上手にビジネスなどに活用する方もいます。 近年、日本では空き家が増加傾向にあることが問題視されており、賢く空き家を活用する方法が注目されています。

なぜ空き家は激増している?

空き家が激増している要因として考えられるのは、新規物件の供給過多の状況であること、地方在住者が都心へ移住していること、空き家解体により土地の固定資産税が増加すること、認知症や共同相続などで家を処分する意思決定ができない状況などが挙げられます。 一方、増え続ける空き家を上手く活用するビジネスとして、空き家貸し出しビジネス、空き家の買取・再販ビジネス、空き家管理ビジネスなどが増えつつあります。 しかし、空き家ビジネスを成功させるために、中古住宅の質の悪さや、地域経済が衰退すること、借り手と買い手の情報不足などの問題を解決することが必要になります。

空き家増加をビジネスチャンスととらえる企業もある

空き家増加の問題を解決するために、政府もいろいろと施策を打ち出している状況ではあります。 空き家増加をチャンスだと捉えて、売買や管理、民泊サービスなどを展開する民間企業もあり、ビジネスの拡大を狙う企業も増えつつあります。 しかし、管理が十分に行き届いていない状態の空き家が増えたとしても、利活用するまでにリフォーム費用なども多額にかかってしまうことになります。 さらに、これまでは空き家の買取・再販は通常の不動産売買より税負担が重いとされていました。事業者が中古住宅を買取る時には不動産取得税が課税され、改修した住宅を売る時には登録免許税が課税されるからです。 そこで、このままでは空き家の処分を阻む一因のままということで、政府は2014年、登録免許税を0.3%から0.1%まで引き下げ、2015年になると不動産取得税の減税措置を設けています。 また、自治体によって空き家改修費を補助するなどの制度も設けているようです。

空き家を民泊に利活用する動きも見られるように

さらに、これまで旅館業法上グレーゾーンとされていた「民泊」についても、法律問題がクリアになるなど、空き家を民泊として貸し出すビジネスも進んでいます。 空き家の見回りや清掃などの管理を代行する業者や、遺品整理などを行う業者なども増えつつあり、段々と空き家ビジネスは盛り上がりをみせているといえます。 もし使わない空き家があるのなら、放置して老朽化を進めさせる前に、上手くビジネスに活用することを検討してみてはいかがでしょう。

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.