埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

相続人全員が相続放棄したら相続財産である空き家はどうなる?

亡くなった親が住んでいた実家を相続することになったものの、十分に管理できる状況でもなく、さらに誰かが住む予定もない場合にはせっかく譲り受けた資産なのに意味のないものになってしまいます。

そこで、仮に財産を相続しない相続放棄をという選択に至った場合、空き家はどうなるのでしょうか。

全国的に空き家は増加傾向に

空き家の管理ができずに放置することになれば、だんだんと廃墟化していき倒壊の恐れなどで周囲を不安な状況に陥れることになるでしょう。

このような空き家は全国的に増加傾向にあり、大きな社会問題となっている状況ですが、再利用や売却するあてもなく解体したくても費用が掛かる為できないという状況から、いっそ相続することを辞退したいというケースがあっても不思議ではありません。

相続を辞退するとはどういう意味?

財産を相続しないことを選ぶ場合、相続放棄という手続きを行うことができます。

相続放棄は相続における財産を一切引継がない手続きを行うことで、自分が相続人になったと知って3か月以内に家庭裁判所に申請する必要があります。

期間に定めが設けられていますので、相続放棄するか決められなければ相続放棄を行うための申述を行う期間を延長することを申請することもできます。ただし何も行わなかった場合には、自動的に相続することを選択したとみなされますので注意しましょう。


相続放棄が有効になるケースとは?

放棄の申請が受理された場合には相続に一切関わることはできなくなりますので、売却できる可能性がある不動産や預貯金といったプラスの財産より、借金などのマイナスの財産が多い時であれば有効な手続きと言えます。

全ての相続人が相続放棄した場合は?

仮に複数相続人が存在しているのに、全員が相続放棄した場合には空き家などは誰のものになるのでしょう。

民法では所有者のない不動産は国庫に帰属すると記されていますので、国に継承されると考えられます。ただし不動産を国庫に帰属させるには、弁護士や司法書士などを相続財産管理人にする申請手続きが必要です。

さらに相続財産管理人が管理を開始するまでは空き家を管理する義務は所有者に残ります。放棄すれば空き家管理の必要がなくなるという訳ではなく、空き家を放置して良いという訳では無いことを理解しておきましょう。

空き家が廃墟化する前に

もし遠方に住んでいて管理ができない状況であれば、空き家管理を代行してくれる専門業者に依頼する、または本当に利活用することはできないか、売却などを検討することは難しいのかといった部分も踏まえて検討していく必要があると言えるでしょう。

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.