埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

放置され続ける空き家が増加する背景には愛着心が関係する?

全国各地に空き家が増え続けることが問題視されていますが、その背景には何が隠されているのでしょう。
2015年5月に施行された「空き家等対策の推進に関する特別措置法」により、空き家周辺の住民や地域の生活に悪影響を及ぼす危険な空き家だと認められれば、行政代執行で立ち入りや取り壊しということも実施されます。
しかし住む予定がない空き家であれば、さっさと売るか、または取り壊して更地にし、駐車場などに利活用して収益を得るといった方法を検討すれば良いのにと思うかもしれません。
しかしそれでも取り壊すことも売ることもなく、そのまま誰も住まないままで空き家として存在することには理由があるようです。

 

思い出いっぱいの実家はそう簡単に手放せない?


親元から離れ、独立して別で居宅を構えて暮らす子でも、親が亡くなった後、実家はできればそのまま残しておきたいと考える人は少なくありません。
なぜなら自分たちが生まれ育った家で、思い出や愛着などがあるため取り壊すことができないという思いがあるからです。
それでも近隣住民の立場からすれば、誰も住んでいない空き家が地域にあり続けることは不安材料の1つだと考えられます。

 

いざという時に所有者に来てもらえない


しっかりと定期的に管理されている空き家で、所有者が近くに住んでいて何かあったらすぐに駆けつけることができるのなら、それほど不安はないでしょう。
しかし放置されたままの空き家や、問題が起きた時に所有者が遠くに住んでいてなかなか来られないとなると、トラブルが悪化することも十分考えられます。
手入れされていない庭の枝木が道路に張り出しているケースや、古い建物なので耐震性に不安があるケースなど、その周辺に住んでいる人たちにとってはとても大きな問題です。

 

地域の治安にも悪影響


また、収集日に出しそびれたゴミを勝手に空き家に捨て始め、それが積み重なりゴミの山になるような空き家もあります。
もしそこに誰かがタバコの吸い殻をポイ捨てしたら、そこが火元となって火災となる可能性もあるでしょう。
また、ゴミの山になった家は誰も住んでいないことが見てわかるので、犯罪に使われる可能性なども否定できません。
治安にも大きく影響するため、ただ思い出があるから壊すのは嫌だという持ち主の感情だけでは片付けることができない問題もあります。

 

思い入れのある空き家が疎まれる場所にならないために


色々な懐かしい思い入れの詰まった実家が、だんだんとボロボロの朽ち果てた空き家と化して、他人から疎まれる場所になるのは決して喜ばしいことではありません。
実家を相続する予定があるのなら、親が元気な間に兄弟姉妹なども含めて、最終的に実家をどうするのか、話合いで決めておくと良いでしょう。

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.