埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

川口市で不動産を売却したいけれど仲介手数料などの諸費用や税金が気になるなら

土地や建物などの不動産を売却するときには、仲介手数料をはじめとする諸費用や税金などの費用がかかります。
川口市で不動産を売却するときにかかる費用は一般的に売却価格の4~6%程度を目安として考えておくとよいですが、具体的にどのような費用がかかるのか気になる方も少なくありません。
そこで、不動産売却で発生する諸費用の具体的な内訳についてご説明します。

この記事は約2分で読めます。

不動産売却で発生する諸費用の具体的な内訳

土地や家などの不動産を売却したときには、主に次のような諸費用がかかります。

  • ◆仲介手数料
  •  (売却金額×3%+6万円)+消費税
  •  (売買契約・決済の後で必要)
  • ◆印紙税
  •  千円~6万円
  •  (売買契約書作成後の契約締結時に必要)
  • ◆抵当権抹消費用
  •  土地1筆または建物1戸につき千円
  •  (司法書士に登記を依頼する場合には報酬として1~5万円程度・いずれも登記後に必要)
  • ◆住宅ローンの返済手数料
  •  5千円~3万円程度
  •  (ローン返済の際に必要)
  • ◆譲渡所得税
  •  (確定申告後に納税)
  •   短期譲渡所得の場合の所得税=売却益×30.63%
  •   長期譲渡所得の場合の所得税=売却益×15.315%
  •   短期譲渡所得の場合の住民税=売却益×9%
  •   長期譲渡所得の場合の住民税=売却益×5%
  • ◆建物のハウスクリーニング費用
  •  3~10万円程度
  •  (クリーニング実施後に必要)
  • ◆測量費用
  •  50~80万円程度
  •  (測量が必要な場合には実施後に必要)
  • ◆建物解体費用
  •  100~300万円程度
  •  (建物を解体する場合には解体後に必要)
  • ◆契約書類発行費用
  •  1枚につき300円程度
  •  (書類が発行されたとき必要)

 

 

仲介手数料は仲介業務の報酬として必要

不動産会社に不動産売却においての販売活動を依頼し、契約が成立したときには仲介業務の報酬が必要です。不動産売却における諸費用の多くを占める部分であり、測量や建物解体など別途活動が必要になればその費用も請求されます。

一般的な仲介手数料の相場は次のとおりとなっており、不動産売買価格により変動します。

  • 売買価格200万円以下の場合
  •  (売却価格×5%)+消費税10%
  • 売買価格200万円超400万円以下の場合
  •  (売却価格×4%+2万円)+消費税10%
  • 売買価格400万円超の場合
  •  (売却価格×3%+6万円)+消費税10%

また、仲介手数料は成果報酬なので売却契約が成立したときに支払いが必要となり、契約成立のときに半分、残りの半分は物件引き渡し後に支払うケースが多いといえます。

ただ、売買契約後に売主と買主いずれかの事情により契約解除となったときや、売買契約をいずれかが守らず契約解除となった場合などは契約成立に至らなくても仲介手数料が発生することがほとんどですので注意してください。

 

 

 

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.