埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

マイホーム購入後の不動産引渡しの際に確認しておきたいこととは?

マイホームを購入するにあたって契約を結び、不動産が引渡しされるまでに確認しておきたい項目がいくつかあります。また、引渡しが完了されるまでの一連の流れを把握しておくとスムーズです。

 

内覧会で確認しておきたい部分とは?


新築住宅を購入すると、物件が引き渡される前に住宅の仕上がりの完成状態を確認する内覧会が実施されます。
内覧会の時には、内装に使われている素材、建具、設備などが、契約書や仕様書に従った状態になっているかを確認しましょう。
また、建具の開閉、壁材や床材、天井などの継ぎ目や端の処理、傷の有無の確認も欠かさないようにします。仮に不具合などが見つかれば、引渡しまでに修復してもらえるように依頼してください。

 

確認書類に署名と押印をする前に


何も問題がないことが確認できれば、あとは確認書類に署名と押印を行って内覧会を終了します。ただし後で不具合などを指摘しても、責任の所在があいまいになってしまう可能性があるので、必ず不具合がないことを確認してから署名・押印を行うようにしてください。
中古住宅の場合は、引渡し日までに不動産会社や売主が立ち会って現場確認を行うことがあります。この時に修理などの完了や引き継ぐ付帯設備の有無、契約条件に合った状態かを確認します。付帯設備及び物件状況確認書がある場合には、その書類に基づいた確認を行うようにしましょう。

 

引渡しの遅れなどがあった場合は?


仮に工期が延期されて引渡し期日までに完成しなかった場合や、中古物件の場合には売主側が引越しできていない場合などで、引渡しが契約通りに行われないことがあるとします。
しかし契約=約束ですので、本当に実行できるのか、誠実に対応しているかを見極め、引渡しを猶予するのか、または契約解除するか選択する必要があります。
若干、引渡しが遅れるという場合は、それによって発生した費用を補償してもらうことも検討してみても良いでしょうし、引渡しの見込みがないのなら売主側の契約不履行として契約解除を主張することもできます。

 

不安な部分は事前に確認を!


引渡しの際には、物件代金の残りの支払い金や諸費用、必要書類を準備しておきましょう。残金を住宅ローンでまかなうのならローン実行の準備もしっかりと行っておく必要があります。
物件の引渡しの時は、売主と買主、不動産会社、司法書士、金融機関の担当者が立ち会い、住宅ローンの実行と残金決済、登記申請を同時に行うことになるでしょう。
残金が決済された後、鍵を受取って無事に引渡し完了となります。一連の流れを把握しておくと、後で慌てないで済むので不安な部分は不動産会社の担当者などに確認しておくようにしましょう。

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.