埼玉県の不動産売却ならネクスト・リアルプランにお任せください

  • tel 048-871-1710 【営業時間】 午前 9:00~18:00【定休日】水曜日、第1、第3木曜日
  • estimates
  • contact
  • line

さいたま市で空き家を所有する方が売却の相談をする場合の注意点

さいたま市でも、空き家を所有しているものの今後どうするべきか迷い、誰かに相談したいと考えている方は少なくありません。
家族との思い出がつまった空き家だけれど、誰も住むことなく所有し続けることは、管理に手間がかかることや固定資産税の負担が重いと感じてしまうことを意味します。
そこで、さいたま市の空き家所有者の方などは、最終的に売却という決断をする方も増えています。
ただ、売却したくてもいくらで売れるのかわからず、そもそも何から始めればよいか判断がつかず相談したいと考えてしまうものでしょう。

この記事は約2分で読めます。

空き家はどのような形で売却したほうがよい?

例えば親が亡くなり、実家を相続したものの誰も住むことなく空き家となっている場合もあります。

その際、思い切って売却したいけれど、空き家をそのままの状態で売ったほうが良いのか、それとも更地にして売ったほうが良いのか判断できません。

そこで、まずはそれぞれどのようなメリットやデメリットがあるのか把握しておきましょう。

 

そのままの状態で売ることのメリット・デメリット

空き家を解体せず、そのままの状態で売却すれば、特に手間や費用がかからないことがメリットです。ただし売却価格は他の販売方法よりは安くなりがちです。

売ったときに儲けはでなくても、手間やお金、時間をできるだけかけたくない場合にはおすすめできます。

 

解体して売却するメリットとデメリット

空き家を先に解体してから売却すると、解体する時間や費用、リスクなどを負うことになりますが、高く早めに売却できる可能性は高くなります。

なお、家を解体したものの売れず、所有者の状態で1月1日を過ぎた場合には、固定資産税や都市計画税の住宅用地の特例は適用されなくなりますので注意しておいてください。

 

売却について誰に相談するのがベスト?

空き家など不動産の売却は、やはりその道のプロである不動産会社に相談することが一番といえます。

ただし、不動産会社も数が多いためどの業者を頼ればよいのかわからないこともあるでしょう。

その際には、相続や空き家問題に強い不動産会社がおすすめです。

そして、売却したい不動産の地域に近い場所の不動産会社のほうが、地場の特性や相場などに詳しいためよりスムーズに売却につながるはずです。

地場ならではのネットワークで、不動産や生活の実情を最も把握しているはずなのでまずは相談してみてはいかがでしょうか。