埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

さいたま市でもすぐにできる空き家の活用方法とは?

日本全国各地で空き家が増えていることが問題視されていますが、さいたま市でもこのまま増え続ける空き家問題を解決しようと様々な活用がされています。
しかし空き家をどのように活用すればよいかわからず、ひとまず放置しているといった方も少なくないため、具体的にどのような活用方法があるのかご説明します。

この記事は約2分で読めます。

さいたま市でもできる空き家の活用方法

空き家を活用する方法にはいろいろありますが、

  • リフォームして住まいとして活用
  • 売却物件として活用
  • 空き家を取り壊し更地にして活用
  • リノベーションして利益を生む事業に活用

などが挙げられます。

この中で利益を生む事業に活用する方法が近年では注目されていますが、たとえばシェアハウスや民泊事業、カフェやシェアオフィスなどに活用されることが多くなっています。

 

 

事業に活用する具体的な方法

空き家はいろいろなことに活用できますが、事業に活用する手段として多く利用されているのが次の方法です。

 

民泊事業に活用

外国人観光客などを狙う特有のビジネスのため、コロナ禍の現在では需要の安定は期待できず、外国人相手ということでトラブルも少ないとはいえません。

しかし新型コロナウイルス感染症の問題が解決し、軌道に乗ることができれば大きな収益が期待でき、空き家管理も楽にできるでしょう。

 

シェアハウス

主に若い年代や外国人が居住することが多いため、トラブルが発生することも少なくないとはいえません。

リノベーションも必要となるため、初期費用がかかる場合もありますが、アパートより収益が高く見込める点はメリットといえます。

 

 

空き家を売却することも方法の1つ

もし空き家になった親の実家など相続した場合で、事業などに使う予定がないのなら早めに売却したほうがよいといえます。

建物は年月経過により老朽化していくため資産価値はどんどん低下していくうえに、売りたいときには買い手が見つからなくなる可能性もあるからです。

また、空き家を解体して土地を駐車場などに活用する方法もありますが、住宅でない土地は固定資産税が上がることも認識しておく必要があります。

 

 

空き家の有効活用で社会問題を解決

日本は人口が減少する傾向にあるうえに、高齢化も進んでいるため誰も住むことのなくなった空き家は今後も増加すると考えられます。

しかし空き家を住宅としてではなく、ビジネスとして活用する方向に転換させることができれば、社会問題も解消されていくことが期待できます。

 

 

 

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.