埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

築年数を経過したアパートが行いたい空室対策とは?

アパート経営を行うにおいて、稼働率を向上させることは収益を大きく左右することになります。 まさに不動産経営の生命線とも言える部分なので、稼働率を上げるために日々の活動を行っていかなければ成功はありません。 しかし築年数が経過したことなどが理由で空室が増えたアパートなどでは、空室をできるだけ発生させずに安定的な賃料収入を継続して得るために、どのような対策を講じて行けば良いのでしょう。

入居者が求める条件とは?

空室をできるだけ発生させないようにするには、常にその物件に入居を希望する人がいることが必要です。さらに継続して安定的な賃料収入を得るためには、家賃の滞納を発生させない信頼できる住人に入居してもらうことが必要となります。 そのためには、入居者の質を落とさなくても良いように、そして誰でも住みたいと思えるような好条件がそろった物件を準備できれば良いということになるでしょう。 立地条件、周辺環境、良好な住人関係、居住空間や設備など充実性、日当たり、築年数、低賃料など、入居者が求める条件は色々です。 しかしこのような条件を全て満たしていれば、すぐに稼働率が向上するというわけでもありません。

対象となる層を絞ることが重要

なぜならこれらの条件を全て満たす物件を提供すること自体困難なことであり、人によって望むことには違いがあるため、どのような人でも同じ条件を希望するとは限らないからです。 そこで様々な要望を満たして稼働率を向上させるためには、マーケットの絞り込み、さらにマーケットに対する徹底した差別化が重要です。 入居を希望する対象となる人の層を限定し、対象となる層が喜ぶであると考えられる住宅を用意することが必要と言えるでしょう。 多様性に対して差別化していくには、入居する家族構成だけでなく、ライフスタイルや嗜好なども考えて行く必要があります。

多様性に対する上手な差別化とは?

例えば馴染みの深い例として「ペット可」の物件などが挙げられます。 古い賃貸住宅の場合、最低限の仕様に居室をできるだけ多く確保するなど、収益性を優先させる物件も多々存在します。そのため共用部分にゆとりを感じられる物件はあまりないと言えるでしょう。 しかしそのような状況においても、低い空室率を継続できている例が、ペット飼育を可能とした賃貸物件などです。 中にはNPO法人と連携して、保護した猫の里親として一緒に生活することを可能とした猫付きマンションなどは即日満室になった例がありますし、自由に壁紙や間取りなどを選べる物件なども空室待ち状態になった例の1つです。

生活を満喫できると感じられる物件づくりを

このような空室率を低く継続できる物件に共通して言えるのは、入居者に対してプラスαの付加価値を物件に付けているということです。 空室が目立ってくると、照明を暗くする、または清掃頻度を落とすなど管理費をできるだけ抑えようとするものです。しかし管理を怠ることで清潔感を失い、印象が悪化してさらに空室が増えるケースもあります。 稼働率を向上させるには、通常の賃貸住宅に対してプラスαの魅力を付帯させることを考えて行くようにしましょう。生活を満喫できる設備だと感じてもらえれば、そこから入居者獲得に繋がる可能性が出てきます。

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.