埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

空き家を自治体やNPO団体と一緒に活用する方法とは?

空き家が増え続けていることで自治体による法的規制は強まる一方ですが、中には空き家を上手く活用して事業を営む「空き家ビジネス」も注目されています。
自治体や委託団体などでも「空き家バンク」を運営するなど、空き家の賃貸や売却を希望する人と買取などを希望する人を繋げ、流通を促すように動いています。
立地や家の程度が良ければ賃貸物件として活用できるでしょうが、それ以外でも活用できる方法はありますのでご紹介します。

 

地域に少なくなった交流の場


現在は核家族化が進んでいることや、プライベートな空間を守りたいという意識が強い傾向が見られることで、近所付き合いは急速に消滅しつつある状態です。
その一方で、子どもの声やピアノなど楽器の音、植木の枝が通行の邪魔になっていたり隣家まではみ出していたり、落ち葉の掃除といった、様々なご近所トラブルは増えつつあると言えます。

 

地域住民の触れ合いの場が必要


地域の一体感がだんだんと失われていることが、防犯上では大きなマイナスとなり、各戸を閉鎖させてしまう可能性があります。
このような状態を回復させるためにも、地域コミュニティを復活させて地域住民が触れ合う機会を設け、老若男女問わずに楽しく過ごせる街づくりを行う個人やNPO団体も存在します。

 

空き家を地域コミュニティスペースに!


地域の人々の交流を復活させるために、カフェや集会場を作って多くの人が接する機会を設けることを目的としていますが、拠点として考えられているのが空き家です。
また、地域のサービスセンターや公民館などを利用するためには、費用が掛かる上に手続きも面倒というケースもあるでしょう。
地域活性化やコミュニティづくりのためにも、空き家をコミュニティスペースとして活用することを検討してみるという方法もあります。

 

様々な部分でメリットが生まれる


空き家を所有している場合、自治体やNPO団体などに対して低額で売却や寄贈、または貸与するという形で提供することになります。
収益は期待できませんが、ただ放置しておけば地域にとって邪魔な存在であるのに対し、活用されることになれば、地域や社会に貢献できる上に空き家管理の手間もなくなります。

 

地域活性化に一役かってみては?


他にも空き家の活用方法は色々ありますが、地域活性化や地域住民の人たちの暮らしを向上させることができる活用方法としてご紹介しました。
空き家を所有しているけれど、管理などで悩んでいるという場合には、地域のコミュニティスペースとして活用する方法も検討してみてはいかがでしょう。

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.