埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

戸田市が行う空き家トラブル解消の取り組みとは?

空き家やその敷地を管理するのは、物件の所有者の責任といえます。個人が土地や建物を所有するのなら、たとえ誰も住んでいなくても適切に管理を行うことが求められます。
しかし、戸田市でも適切に管理が行われていない空き家などが見られており、その空き家を巡るトラブルなども発生していないとは言い切れません。
適正な管理が行われていない空き家などが増えてしまうと、台風や地震などの自然災害が起きたときには、家の部材が落下したり飛散したりといった危険が高まります。
さらに庭など敷地の管理も行っていなければ、雑草や樹木が生い茂った状態となり、景観を損なうだけでなく害虫発生や不法侵入などのリスクを高めることとなるでしょう。
地域が快適に、安心して生活を送るためにも、空き家を所有している方は定期的に管理を行い、周辺住民に迷惑をかけない状態を確保することが必要です。

この記事は約3分で読めます。

戸田市でもいろいろな空き家トラブル解消に向けた取り組みを実施

空き家が適切に管理されるように、「空家等対策の推進に関する特別措置法」が2015年5月26日に施行されています。

この法律によって、適正に管理されていない空き家が防災や衛生、景観を損なう特定空家等と判断される場合には、行政が指導・勧告・命令が可能となり従わなければ強制的に撤去できるようになりました。

さらに2016年7月1日には「戸田市空家等対策審査会条例」が施行され、特定空家等に該当するのか適正・公正に判断するための各分野の専門家で構成される「戸田市空家等対策審査会」が設置されています。

 

特定空家等と判断されれば土地の固定資産税は高くなる

空き家を放置する理由として、土地の上に建物がなくなれば、土地に対する固定資産税の住宅用地特例が適用されなくなることが挙げられます。

それにより、従来まで6分の1に軽減されていた固定資産税が高くなってしまうため、誰も住むことがなく利活用する予定もなくてもそのままにするケースもあるようです。

しかし特定空家等と判断された場合には、空き家の敷地への住宅用地特例は適用対象外となります。

行政に強制的に撤去された場合、その費用は一旦税金で賄われたとしても、所有者に請求されることになりますので必ず支払わなければなりません。

周辺住民ともトラブルが発生するなど、空き家を放置したまま所有していてもよいことは何もないと認識しておくべきです。

 

空家等適正管理に係る戸田市シルバー人材センターとの協定

もし空き家を適切に管理したいけれど、自分で行うことが難しいのなら戸田市シルバー人材センターに相談してみてはいかがでしょう。

戸田市とシルバー人材センターでは、生活環境を快適で良好なものにし、安全に暮らせるまちづくりを目的とした空き家の適正管理に係る協定を締結しています。

戸田市シルバー人材センターでは、

  • 除草作業
  • 植木剪定作業(高さ4メートル以下の樹木までが対象)
  • 見回り業務
  • 小修繕
  • その他空き家管理に関すること(要相談)

といった業務を代行してもらえます。

ただ、今後空き家を使う予定がまったくない場合などは、売るか貸すといった方法で利活用したほうが、地域の活性化にはつながるといえるでしょう。

 

 

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.