埼玉県の不動産売却ならネクスト・リアルプランにお任せください

  • tel 048-871-1710 【営業時間】 午前 9:00~18:00【定休日】水曜日、第1、第3木曜日
  • estimates
  • contact
  • line

さいたま市で子育て環境抜群の場所に住み替えたいと考えているのなら

これまでは夫婦2人で生活していた方や、子どものいる暮らしを想定していなかった方などが子どもを授かり子育て環境のより良い場所に住み替えたいと検討することもあるでしょう。

さいたま市でより安心できる生活を送りたい方なども、出産前後は将来の計画を立てるタイミングとしてぴったりといえます。

 

 

出産をきっかけに住み替える

出産は人生において大きなターニングポイントですが、住み替えを検討するにも良いタイミングといえます。

住み替えを考えるタイミングとは、仕事や世帯が変わったときや環境を改善させたいとき、子育てに関係するときなどが多いといえます。

もし、今の住宅に不満や心配なところがあり、より住む環境を充実させたいと考えているのなら、出産前後のタイミングを目安に今の住環境を見直してみるのも方法の1つです。

 

子育てしやすい環境とは

子育てしやすい環境とは何か考えたとき、家庭によって教育方針や子育て水準などは違いがあるものの、次のように共通する部分もいくつかあります。

 

自治体の子育てへの取り組み

自治体がしっかりと整備されていれば、子育てへの取り組みも整っていることが多いといえます。共働き世帯やひとり親家庭など、仕事と子育ての両立を希望する方にとって自治体の子育て世帯への取り組みの意識の高さは重要です。

 

待機児童問題を抱えていないか

人口が多いエリアの場合、子どもの数も多く待機児童問題が解消されていないこともあります。そのため出産した後で早く職場に復帰したいと考えていた場合や、パート勤務で収入を得たいという方などは、保育園の空き状況や待機児童の割合などは確認しておいたほうが安心です。

 

子育て支援制度は整備されているか

子どもの医療費や教育費など助成される制度はあるのか、地域によって子育て支援への制度内容に違いがあることも認識しておきましょう。子育てに魅力のある制度が充実している方が安心です。

 

学童保育は利用可能か

待機児童だけでなく、小学校低学年の子どもなどは親が仕事から帰宅するまでの間、学童を利用できるかも大きなポイントです。

 

周辺環境も重要

子どもの遊ばせることができる公園があるか、近隣に産婦人科や小児科はあるかといったことも重要です。

スーパーやショッピングモールなどが近いほうが、食料品や衣料品、日用雑貨などの買い物にも便利といえるでしょう。

 

 

子育て環境にぴったりと感じるエリアを見つけたら、道路の幅の広さや交通量なども考慮しながら住む家を選ぶことをおすすめします。