埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

住宅ローンを組んだことによるストレスを軽減するには?

あこがれのマイホームを手に入れるために、ついつい無理な返済計画で住宅ローンを組んでしまうと後でとんでもないしっぺ返しを食らう可能性があります。
返済は余裕を持って計画した上で借入をしなければ、後の返済が本当に大変になる可能性があります。
住宅購入は何千万円という大きな買い物ですので、返済するまでの期間は通常20年や30年かかりますので、先々の返済がストレスにならないように慎重に決めましょう。

 

負担を感じていてもそのままになっているケースも…


住宅ローンを組んで返済を続けている人で、毎月の返済に負担を感じているというケースは多いようです。しかし負担を感じつつも支払いはできているからと現状維持になっていないでしょうか。

 

この先金利が上がる?


固定型ではなく変動型で住宅ローンを組んでいる場合、金利が上昇するといきなり万単位で毎月の返済額が高くなる可能性もあります。
この金利動向がストレスになっているケースでは、子供の教育費がだんだんと増えることなどがさらにストレスを増長させているようです。

・変動型からの変更も検討を
この場合は大学への入学資金などを支払い教育費のピークを迎える前に、変動型から固定期間選択型へと変更するなどを検討しましょう。
もし資金がある場合には期間を短縮するのではなく返済額軽減型の繰上返済を行うことで家計に余裕を持たせると気持ちが楽になるでしょう。

 

多額の借金を抱えているというストレス


家を購入すると固定資産を手に入れると同時に何千万円という借金を背負うことになります。
借金はできるだけ早く減らしたいと、ボーナスの度に繰上返済をするという人もいますが、やり過ぎてしまうと家計が苦しくなる可能性があります。
手元に資金がなくなると入院や介護という不測の事態が起きた場合に対応できなくなってしまいますので、少なくとも生活費の半年分程度は余裕資金として手元に残すと安心です。

 

既に毎月の返済がきついというストレス


毎月の返済が既にきつくて家計を圧迫しているという場合、支出を切り詰めすぎて余計なストレスを増やすのではなく積極的に住宅ローンの借り換えも検討してみると良いでしょう。
借り換えは手間がかかりますし、また色々手続きが面倒だと思うかもしれません。しかしより低い金利で長期間固定が可能になれば、家計収支が大きく変化する可能性はあります。
加入している火災保険や、生命保険と団体信用生命保険の保障が重複していないかなどを確認するだけでも毎月の返済を軽くすることができるかもしれません。大きな固定費についても見直しを行うと良いでしょう。

 

住宅ローンがストレスにならないために


住宅ローンはマイホームを購入するためにほとんどの人が利用するでしょう。しかし毎月の返済が負担になると大きなストレスとなってしまいます。毎月の返済は無理のない範囲で設定し、早く返そうとし過ぎないことも大切です。

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.