埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

さいたま市で家族構成や家庭環境が変わったことで一人暮らしを始めるのなら

さいたま市で一人暮らしを考えるきっかけとして挙げられるのは、たとえばずっと夫婦で生活していたけれどパートナーが亡くなった高齢の方や、親一人子一人で暮らしていたけれど子どもが独立し別に世帯をかまえたなど色々あることでしょう。 家族構成や家庭環境が変化したことで、これまで住んでいた家では広すぎるので思い切って売却し、一人暮らしをはじめようという時に気になるのはどのような間取りなら安心かという部分です。 部屋の広さは色々ありますが、一人暮らし向けの部屋の間取りとして挙げられるのは、ワンルーム・1K・1DK・1LDKの4つです。 それぞれ居室が1つの間取りですが特徴などが異なるため、把握した上で決めるようにしてください。

ワンルームの特徴

最もシンプルな間取りで、玄関から部屋まで仕切りがないことが特徴です。 ワンルームの平均的な広さは6~9畳程度なので、大きな家具など設置すると部屋が狭くなってしまいます。 しかし掃除などが比較的簡単であり、家賃をリーズナブルに抑えたい方にはぴったりです。 また、荷物が少ないため大きな家具など設置する予定もなく、空間を広く使いたいという場合でもよいでしょう。

1Kの特徴

ドアを閉めると居室に臭いが流れにくくなるので、自炊をよくする人はワンルームよりも1Kのほうがよいといえます。 キッチンスペースが2畳、居室が5~8畳程度ですが、居室とキッチンを分けたい方や、玄関から部屋が見えないほうがよいと考える方におすすめです。 クローゼットや押入れなど、収納できるスペースがついていることも多いことが特徴といえます。

1DKの特徴

居室と別にダイニングキッチンという間取りで、1Kよりも広いキッチンスペースを確保できます。 ダイニングキッチンは4.5~6畳、居室5~8畳程度の広さで、一人暮らし用のダイニングテーブルや食器棚などを置くこともできるでしょう。 ある程度荷物が多く、部屋の中をすっきり片付けたい方におすすめの間取りです。

1LDKの特徴

キッチンスペースが広めにとられているため、ワンルームや1Kよりも家賃は少し高めになっています。 リビングダイニングキッチンが8畳以上の広さであることが多く、同棲カップルや新婚夫婦にも人気の間取りなので一人暮らしならゆったり過ごせます。 オートロックなどの防犯設備が充実している物件も多いので、充実した設備を好む方にはおすすめですし、何より一人暮らしの方には安心できます。 また、リビングスペースは部屋より広めにとられていることが多く、大きめの家具や家電を設置してもゆとりのスペースを確保できることが特徴です。

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.