埼玉県(さいたま市・川口市・蕨市・戸田市)東京都(北区・練馬区・板橋区)の不動産売却をお考えの方にリアルな情報をご提供

所有者

さいたま市で不動産を売却するときや決済で必要となる書類とは?
不動産を売却するときにはいろいろな書類が必要になってきます。さいたま市でも所有する不動産を売りたいけれど、どのような書類を準備すればよいのだろう…と考えてしまう方もいることでしょう。
不動産を売却するときには契約書を交わしお金の支払が行われるため、事前に様々な必要書類を準備しておかなければなりませんので、その内容を把握しておきましょう。
[…]

MORE

戸田市で不動産を売却するときに住民票の写しが必要になるタイミングとは?
不動産を売却するとき、物件の所有者であることを証明する権利証が必要になりますが、併せて住民票の写しが必要になることがあります。
ただ、必ずしも必要というわけではないため、どのようなときに住民票の写しを提出しなければならないのかご説明します。
また、戸田市で住民票の写しを取得する場合、どうすればよいかもお伝えしておきます。
[…]

MORE

川口市で空き家を解体するなら補助金制度の活用を!
老朽化が著しく、すでに建物が傾いていたり蔦に覆われていたりなど、放置すれば倒壊する危険性が高いケースや見た目にも問題がある空き家は少なくありません。
川口市でも所有者が誰かわからず放置されたままで、老朽化が著しい状態という空き家に悩まされている方もいることでしょう。
行政が放置しておけば危険で他の手段などで解決が見込めないと判断した場合には、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づいた代執行より空き家は解体されます。
しかし行政の判断で解体されるよりも前に空き家所有者が利活用や売却といったことを検討することが必要といえるでしょう。

[…]

MORE

蕨市で空き家を買取ってくれる人を探したいときはどうすればよい?
蕨市などで親の実家を引き継いだものの、住むことがなく空き家となっている場合など、誰か買取てくれる人はいないか探すこともあります。
都心部に若い世代が集中する中でも、田舎や地方などに移住を考える方もいるため、空き家を買取りたいという方も少なくありません。
特に蕨市など、空き家問題に頭を悩ませている自治体では地域活性のためにも力を入れているところのようです。

[…]

MORE

さいたま市で所有する空き家を解体するときには補助制度を活用できる?
さいたま市でも、空き家を所有しているものの使うことがなく、解体して更地にして売却しようと考えている方もいることでしょう。
その際、補助金などの制度を活用したいと思うものでしょうが、現在さいたま市では土地の売却の際に実施する解体工事を助成する目的で補助金制度はありません。
もし、さいたま市で補助金を活用し、空き家を解体するのであれば耐震補強などを目的とするのであれば、制度を活用できます。

[…]

MORE

さいたま市で空き家を所有する方が売却の相談をする場合の注意点
さいたま市でも、空き家を所有しているものの今後どうするべきか迷い、誰かに相談したいと考えている方は少なくありません。
家族との思い出がつまった空き家だけれど、誰も住むことなく所有し続けることは、管理に手間がかかることや固定資産税の負担が重いと感じてしまうことを意味します。
そこで、さいたま市の空き家所有者の方などは、最終的に売却という決断をする方も増えています。
ただ、売却したくてもいくらで売れるのかわからず、そもそも何から始めればよいか判断がつかず相談したいと考えてしまうものでしょう。[…]

MORE

戸田市で放置された空き家でも税金は本当に軽減される?
空き家はたとえ誰も住んでいなくても、個人の財産なので管理を行うのは所有者の義務です。
戸田市でも人の住んでいない空き家は存在しており、適切な管理がなされていないことでトラブルなども発生しています。
空き家をそのまま放置する理由として不動産にかかる税金が関係していますが、なぜ使わないのに取り壊さずそのままにしているのか、放置するリスクなどをご説明します。

[…]

MORE

蕨市で空き家を取り壊し更地にすると土地の税金が高くなる?
蕨市内に空き家を所有しているものの、この先使う予定もないため解体して更地にしたいと考えるケースもあるでしょう。
しかし、建物を取り壊し空き家から空き地にしてしまうと税金が高くなってしまうという話を耳にしたことはないでしょうか。
このとき、どの税金が高くなってしまうのか、その理由についてご説明します。
[…]

MORE

川口市で空き家管理への悩みやトラブルを抱えているのなら
川口市内に空き家を所有しているものの、管理を行うことができず近隣住民とのトラブルになってしまっている・・・といった悩みを抱えていないでしょうか?
誰も住んでいない状態の家でも、適切に管理を行うことは所有者に義務付けられています。
もし管理のことで悩んでいるのなら、埼玉県が不動産団体と連携して結成している「空き家の持ち主応援隊」に相談してみるとよいでしょう。

[…]

MORE

戸田市が行う空き家トラブル解消の取り組みとは?
空き家やその敷地を管理するのは、物件の所有者の責任といえます。個人が土地や建物を所有するのなら、たとえ誰も住んでいなくても適切に管理を行うことが求められます。
しかし、戸田市でも適切に管理が行われていない空き家などが見られており、その空き家を巡るトラブルなども発生していないとは言い切れません。
適正な管理が行われていない空き家などが増えてしまうと、台風や地震などの自然災害が起きたときには、家の部材が落下したり飛散したりといった危険が高まります。
さらに庭など敷地の管理も行っていなければ、雑草や樹木が生い茂った状態となり、景観を損なうだけでなく害虫発生や不法侵入などのリスクを高めることとなるでしょう。
地域が快適に、安心して生活を送るためにも、空き家を所有している方は定期的に管理を行い、周辺住民に迷惑をかけない状態を確保することが必要です。

[…]

MORE

蕨市では空き家へのごみ捨てやふんの放置は禁止!そのようなトラブルを防ぐために
空き家にごみをポイ捨てされたり、飼い犬のふんが処理せず放置されたりといったトラブルは少なくありません。
しかし、蕨市ではこのような空き家へのごみ捨てやふんの放置を禁止しています。
ただ、空き家や空き地に雑草が繁茂した状態の場合や、老朽化して管理されていない状態などの場合には、このような被害を受けやすい環境を作ってしまいますので適切な管理を行うようにしましょう。

[…]

MORE

蕨市で空き家活用を検討している方が利用したい耐震診断と改修補助の制度
平成25年4月、蕨市で老朽化した空き家が安全に管理され、倒壊などで近隣住民に被害が及ぶことを未然に防ぐために「蕨市老朽空き家等の安全管理に関する条例」が施工されました。
良好な生活環境を保全し、安心できる安全なまちづくりを推進するための条例です。そのため空き家を保有している方は、使わないまま放置するのではなく適切な管理を行うことが義務化されたといえるでしょう。
もし使わない状態で所有し続けるのなら、空き家活用なども検討したいところですが、蕨市では無料の耐震診断や改修補助などの制度を設けていますので、空き家活用にむけて利用するとよいでしょう。
[…]

MORE

さいたま市で空き家活用を検討している所有者が頼れる窓口とは?
さいたま市では空き家などの適正管理は所有者(または管理者)の債務としており、管理が十分でない空き家などがある場合には所有者に対して指導などを行うため「さいたま市空き家等の適正管理に関する条例」を制定しています。
さらに平成27年5月26日には「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行され、管理されない空き家がそのまま放置されることで倒壊などのリスクが高いと判断される場合には、行政から助言・指導・勧告・命令・行政代執行といった措置が行われるようになりました。
そこで、使わない空き家を所有しているのなら、近隣の良好な生活環境を阻害することにならないためにも、空き家活用を検討しましょう。
[…]

MORE

Copyright © 株式会社ネクスト・リアルプラン All Rights Reserved.